Diversity Studies

同性カップル証明書、世田谷区でも

この動きが全国に広がることを願って…   東京・世田谷区では、同性カップルから「パートナーシップ宣誓書」を受け付けて区がそれを証明する受領証を発行する要綱を定め、11月5日、初めて受領証が交付されました。 宣誓書は二人とも20歳以上で、区内に住むか、一方が区内に住み、他方が区内への転入を予定...

「ありがとう」「わたしこそ」…

〜うまくいえないけど心からの感謝を伝えたいとき〜

「ありがとう」「わたしこそ」 「ありがとう」が検事補のキャサリン(ケリー・マクギリス) 「わたしこそ」がレイプ被害者のサラ(ジョディ・フォスター) 検察さえ見放した裁判に孤軍奮闘したキャサリンを、サラは「うらない」にかこつけベタホメします。大統領になれるとまでいわれたキャサリンが「ありがとう」、ほんと...

これからはその方面を究めたい…

〜なんとなく詩的なセリフを声に出していいたいとき〜

  「これからはその方面を究めたい」 72歳でゲイ宣言をしたパパ(クリストファー・プラマー)。 息子オリヴァー(ユアン・マクレガー)のとまどいを尻目に、恋人と、あるいはゲイ友だちと、残りの人生をこころおきなく暮らす。それにひきかえ息子は毎日、屈託の不幸顔。  パパは息子のウダウダした性格を...

ケレルは海の上を歩く黙示録の天使…

〜なんとなく詩的なセリフを声に出していいたいとき〜

  「ケレルは海の上を歩く黙示録の天使」 意味? わかりません(笑)。ケレルの上官、フランコ・ネロだって、深く考えて言ったのではないようなのだけど。ヨハネ黙示録で、ラッパを吹いている天使のことじゃない? ケレルとは主人公の男性の名前。男同士の熱い視線が放射能ビームのように行き交います。 あん...

LGBTの結婚を応援! 『マイナビウエディングサロン』で業界初の研修

LGBTカップルも「ふたりらしい結婚式を」 株式会社マイナビが運営する、結婚式場探しのための無料相談カウンター『マイナビウエディングサロン』では、全店舗で業界初となる「LGBTウエディングコンシェルジュ研修」を実施しました。 セクシュアリティが障壁となり結婚式を諦めるLGBTカップルが多い現状を受け、「すべ...

ゲイ・エッセイ集『オトコに恋するオトコたち』、『薔薇族』編集長がぶっちゃける

ゲイエッセイ集で、今まで語られなかったゲイ・ワールドに迫る   11月10日、株式会社リットーミュージックが今年5月にスタートさせた新レーベル“立東舎”より、ゲイエッセイ集『オトコに恋するオトコたち 誰も教えてくれなかったセクシュアル・マイノリティの世界』(1,296円(本体1,200円+税)/四...

君の精液のついたパンツ…

〜切なくて殺したいほど愛しているとき〜

  「君の精液のついたパンツを洗っているじゃないか」 サクセスしたとたん、古女房のようなパートナー、ケネス(アルフレッド・モリーナ)に、皮肉、傲慢、言いたい放題のジョー(ゲイリー・オールドマン)。ケネスはおだやかで、しかも実家が金持ちの文学青年。ジョーの才能を信じ、物心両面にわたって支え、...

君はダンディだよ、グレイ

〜「ハンサム」より「ビューティフル」よりまだイケル一言〜

「君はダンディだよ、グレイ」 グレイ(ヘザー・グラハム)が、社内アナウンスのスイッチが入っていると知らず、自分がゲイだと兄に打ち明け、社内中がそれを聞いてしまった。 落ち込んだグレイはタクシーの運転手でゲイのゴーディ(アラン・カミング)に相談する。このときゴーディがグレイに「君はダンディだよ」といいます。 「...

私は色情狂の自分が好きなの。…

〜ラブシーンにしびれたいとき④〜

「わたしは色情狂なの。そういう自分が好きなの。女性器が好きなの。淫らで卑猥な欲望が好きなの」 ヒロインのジョー(シャルロット・ゲンズブール)が、自分はニンフォマニアック(色情狂)だと自認します。ジョーにしたら、自分のセックス依存症を治療しようとしているセラピストのいうことがうさんくさくて仕方ない。 道徳...