ゲイ映画のキメ台詞

LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

「ありゃ何だ」「化け物の一種さ」

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」㉓〜

「ありゃ何だ」「化け物の一種さ」ジュンの気転が功を奏し、乱闘が表沙汰になることは免れたが、同性愛嫌いの大会委員長はこの時とばかり、資格剥奪、退場を命じる。「ありゃ何だ」「化け物の一種さ」と聞こえよがしな本部の抽象。本部役員席に忍び寄ったジュンが、マイクの音量を最大にし、本部長の言葉を会場中に伝えた。 (「アタ...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

力をあわせ一つになるところを見たい

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」㉒〜

力をあわせ一つになるところを見たい祝辞に答えビー監督は「わたしは今まで、勝つことに全力をあげてきた。明日は全員が力をあわせ、ひとつになるところを見たい」その光景を隅から見ていた男たちが、まずピアに目をつけ絡んだ。「なんだ、君たちは。離れろ」注意したチャイが突き飛ばされ、「何をする」チーム全員は臨戦態勢。ピアが「美少女戦...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

監督はわたしたちの母さんです

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」㉑〜

監督はわたしたちの母さんです決勝戦を明日に控えた夜、ビー監督の誕生日だった。メンバーはディスコバーに繰り出し「ハッピーバースデー」彼らは感謝の言葉を述べた。「わたしたちは世間から白い目で見られ、人の温もりも知らずにきた弱い人間です。監督はわたしたちの母さんです。監督のような人がいて、幸せです」 (「アタック・...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

お前ら、ひどい顔だ、化粧しろ!

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑳〜

お前ら、ひどい顔だ、化粧しろ!決勝戦はテレビ中継されると決まったがチームの意気は上がらない。ノンメークだからテレビ映えしないと言ってがっくりしている。スッピンのズンベラボーなんて、スカウトどころか振り向いてもくれない。試合が始まった。サトリーレックは凡ミスで追い込まれる。「せっかく見に来てやったのにバカヤロー」ヤジ轟々...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

こいつらの規律のなさ、勝手にしろ!

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑲〜

こいつらの規律のなさ、勝手にしろ!チャイが起こったのはそれだけが理由ではなかった。彼らは試合中もメークに夢中。爪が折れたと言っては大騒ぎし、口紅を探して右往左往する。心ここにあらず。戦いに賭ける集団とは思えない軟弱な振る舞い、とチャイには映った。彼はチームメイトを面罵する。「こいつらの規律のなさときたら。そんなに試合よ...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

誰のせいで負けたか、なすりあいか!

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑱〜

誰のせいで負けたか、なすりあいか!サトリーレック包囲網が張り巡らされ、標的とする選手に弾丸シュートが集中した。水牛のノン、カミソリのピアが狙い撃ちされコートを撤退。試合を落とした選手は気持ちが索漠とし、原因を責めあった。キャプテンのチャイは怒鳴る。「なすり合いか。これが3連勝したチームとは思えない!」 (「ア...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

男でも女でも人はみな勝手なものよ

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑰〜

男でも女でも人はみな勝手なものよ「やっぱりオカマはイヤだ」と恋人に去られたピアの心の傷は深い。モンは子供の頃、父親の虐待を受けた。みんな、やることが勝手だと嘆くモンにピアが「人間は勝手なものだ」といっている。男でも女でも、というところに、ピアのけみしてきた苦労がうかがわれる。人はみなエゴイストだ、そして誰も無傷では生き...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

サトリーレック、サトリーレック!

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑯〜

サトリーレック、サトリーレック!一丸となったサトリーレックのパワーが炸裂した。初日3連勝だ。「オカマが暴れているぞ」噂が噂を呼んで会場は騒然。サトリーレックを一目見ようとファンが押し寄せ、「サトリーレック」シュプレヒコールが響き渡った。 (「アタック・ナンバーハーフ」)  ...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

彼らは立派なスポーツマンです

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑮〜

彼らは立派なスポーツマンです華やかなサトリーレックはたちまち大会の話題となった。いっぽうで、「一人は完全に性転換しているとか」、ひそひそとささやかれる。ビー監督は「スポーツは勝負を争うだけがスポーツではない、彼らは立派なスポーツマンです」と大会本部の役員の前で堂々と意見を言う。彼女の正論に反論できない本部は「野放しには...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

サトリーレックよ

〜年末年始を笑って過ごすゲイ映画「アタック・ナンバーハーフ」⑭〜

サトリーレックよビー監督がユニフォームを持ってきた。チーム名は「サトリーレック」鋼鉄の淑女だ。「強くて優雅でいい名前だろ」と名付け親の監督はニコニコ。「母さんに縫ってもらったの」とジュン。本大会まで1カ月。しかしキャプテンとチャイとモンがうまくいかない。わだかまりがある。「オカマは嫌いなのか。今までの人生でゲイの友だち...