ゲイ映画のキメ台詞

お祝いを言いにきたよ

〜「シスタースマイル」(27)〜

お祝いを言いにきたよ   両親が修道院を訪ねた。 父親はやさしく言う。 「遅くなったが、お祝いを言いに来たよ」 シスターは特別な計らいで親子だけの席を設けてくれた。 「うまいか?」 箱を開けると「ドミニク」と文字を入れたケーキがあった。 「今のうちの人気商品よ」...

噂がたっている、俗人みたいだと

〜「シスタースマイル」(26)〜

噂がたっている、俗人みたいだと   ジャニーヌはシンガー・ソング・ライターです。 部屋で譜面を書き、歌詞を考える。 行き詰まったからクリスティーヌに訊いた。 「聴いて。メロディがいまひとつなの」 何小節か弾いてきかせ「感想は?」 「別にない。ジャニーヌ、コンゴに行くな...

時代遅れでは?

〜「シスタースマイル」(25)〜

時代遅れでは?   女性記者がインタビューに来た。 「女性は子供を産むだけの存在だと教会は教えています。 女性も性を楽しむ権利があるのではありませんか?」 あるいは「神を讃えて歌っているドミニクは 素朴すぎませんか。あなたの歌は時代遅れではありませんか」 ジャニーヌは...

アフリカで布教活動できますよ

〜「シスタースマイル」(24)〜

アフリカで布教活動できますよ   いい知らせだとシスターが言ってきた。 「アフリカで布教活動できますよ。 あなたとクリスティーヌの活動許可がおりました」 「いつからですか」 「できるだけ早く」 アフリカ行きはジャニーヌが従妹のフローレンスと約束した夢だ。 しかし...

神に仕える者はもっと謙虚に

〜「シスタースマイル」(23)〜

神に仕える者はもっと謙虚に   ジャニーヌはシスターに食ってかかる。 「ヒットを隠していたなんて。50万枚も売れたのに」 「神に仕える者はもっと謙虚に。 黙っていたのはあなたを守るためです」 「バカにしないで。私の歌よ。自分で決めます。 あの歌は聖人ドミニクと、修道会...

50万枚、売れたわ

〜「シスタースマイル」(22)〜

50万枚、売れたわ   レコード会社が修道院の名前を漏らした。 塀を乗り越え取材記者が押し寄せ、追い返すのに大騒動した。 こうなったら記者に会わせるしかない。 教会と修道院はシスタースマイルの正体を明かす。 面会者が押しかける。 ピエールが訪ねてきて、アニーの手紙と連...

謎に包まれています

〜「シスタースマイル」(21)〜

謎に包まれています   シスターは激変したジャニーヌの環境を危惧する。 「あの子を振り回さないで。未来の宣教師です。 人にはそれぞれの使命があります」 しかし周りが放っておかなかった。 ラジオを通じて流れる「ドミニクの歌」を 父も聴いた、母も聴いた、アニーも聴いた。 ...

シスタースマイル

〜「シスタースマイル」(20)〜

シスタースマイル   レコード化が決まった。 ジャニーヌは「シスタースマイル」としてデビューする。 しかし契約は「修道女として清貧を誓ったので、 得たお金は修道院に納める」ことになった。 「歌うのは修道院のためですよ」とシスターは釘を刺す。 またしても思わざるを得ない...

「ブラボー!」

〜「シスタースマイル」(19)〜

「ブラボー!」   オーディションを受けることになった。ジャニーヌ一行は 小さな修道院のバスで街に向かう。 ジャニーヌがギターを抱え中央に、 クリスティーヌともう1人がバックに付く。 ジャニーヌが歌い出した。 (これはなんだ?)スタジオのあちこちから人が覗く。 ...

このままでは宝の持ち腐れだ

〜「シスタースマイル」(18)〜

このままでは宝の持ち腐れだ   ジャニーヌの歌に司教が目をつけた。 「優れた人材だな」とラジオ・テレビ担当の神父に言う。 「探し求めていた“真珠”です」 「美しい声にカリスマがある。このままでは宝の持ち腐れだ」 レコード会社のオーディションを受けさせようとなった。 修...