ゲイ映画のキメ台詞

なんてことだ、女だったのか

〜 「アルバート氏の人生」5

なんてことだ、女だったのか     ヒューバートと相部屋になったアルバート。 痒みに耐えかね服を脱いた。 「なんてことだ。女だったのか」 ヒューバートは驚きますが深く追及しません。 「どうか、誰にも言わないで。女が一人で生きていくには 他に方法がなくて...

ヒューバート・ペイジ

〜 「アルバート氏の人生」3

ヒューバート・ペイジ     ホテルの内装の塗装塗りに、ヒューバート・ペイジが来た。 「今夜、あなたの部屋に泊めてね」とミセス・ベイカー。 アルバートは困惑する。 アルバートは断ろうとするがミセス・ペイジは耳を貸さない。 彼女はホテルの女帝だ。 「承知...

ムーア夫人、2シリング6

〜 「アルバート氏の人生」2

ムーア夫人、2シリング6     アルバートは毎晩、仕事が終わるとチップを数える。 「ムーア夫人、2シリング6、ドクター6ペンス」 客の誰がいくらくれたか、みな覚えている。 カーペットをめくり、床板を剥がすと そこがお金の隠し場所だ。 コインと札をきち...