ゲイ映画のキメ台詞

母さん、わたしバカみたい

〜「マルガリータで乾杯を」➁〜

  母さん、わたしバカみたい   大学のバンドで歌詞を書いているライラは、好きなヴォーカルの男子に 振られた。自分は障がい者で相手は健常者、だからうまく行かない? ライラはベソをかき 「母さん、わたしバカみたい。もうこの大学にいたくない」 母親はガンの再発を抱えています。でも一...

父さん、金をくれ

〜「マルガリータで乾杯を」①〜

  父さん、金をくれ   あけましておめでとうございます。 「1日3分」のショートタイム、今年もどうぞよろしく。 「マルガリータで乾杯を」はインドの映画(2014年)。 脳性麻痺の後遺症の残るヒロイン、ライラが 家族との絆、恋人と彼女との別れ、最愛の母親の死などを迎えながら ...

私はスターなの

〜「天使にラブ・ソングを2」㉛〜

  私はスターなの   ドロレスを囲んで祝勝する。 「ベガスのショーガールだって?」 ドロレスの前身がまたもや話題になった。 「ショーガールだったことは一度もないわ」 落ち着き払ってこう言った。 「私はスターなの」 ウーピー・ゴールドバーグはエミー賞も、グラミー賞も、トニー...

聖フランシス高校、最優秀賞

〜「天使にラブ・ソングを2」㉙〜

  聖フランシス高校、最優秀賞   コンテストは終わった。 入賞校の発表だ。 固唾を呑む場内。 発表は3位から。聖フランシス高校ではない。2位もアウト。 1位もペケ。やっぱり俺たちダメだった… 「最後に」司会者が声を張り上げた。 「聖フランシス高校、最優秀賞!」 満場は興...

なんて腰抜けなの!

〜「天使にラブ・ソングを2」㉘〜

  なんて腰抜けなの!   出場校のレベルは高い。 前年優勝校の圧倒的なスキルに聖フランシス高校は顔色なし。 「勝てないよ」「しかも同じ曲(歓喜の歌)」 「帰ろう」 どっこい、ドロレスが立ちふさがる。 「あなたたち、尻尾を巻くの? あなたたちがよくわかった。何て腰抜けなの。...

ギャングの情婦だったのか

〜「天使にラブ・ソングを2」㉗〜

  ギャングの情婦だったのか   教師の1人が図書館で古い新聞を見ました。 ドロレスの顔写真がデカデカと出ています。 「クラブ歌手?」「大物ギャングの情婦!」 「犯罪者だったのか」 「公になる前に我々の手で処理しよう」 一方リタは保護者の承諾書に母親のサインを偽造し、参加を決...

世界中に挑戦するわ

〜「天使にラブ・ソングを2」㉖〜

  世界中に挑戦するわ   ドロレスたちは費用の算出に忙しい。 「会費、ホテル代、衣装代、ガソリン代で2000ドルよ」 「大金だわ」「地元の人たちに頼るしかない」 そこへリタが「聖歌隊やめます」と言ってきた。 ドロレスは母親と掛け合うが許可してもらえない。 一方に希望、一方に...

才能なんて成功とは無縁のものよ

〜「天使にラブ・ソングを2」㉕〜

  才能なんて成功とは無縁のものよ   リタの母親は聖歌隊で歌いたいという娘の希望をへし折ります。 「才能なんて成功とは無縁よ。 才能ある人は路上にいくらでもいるわ。歌より勉強よ。 聖歌隊はなし、よ」ガンとして許しません。 「素晴らしい聖歌隊よ」 「歌ではご飯は食べられない。...

だめだ、許可しない

〜「天使にラブ・ソングを2」㉔〜

  だめだ、許可しない   校長はガンとして応じません。 「だめだ、許可しない。課外活動は禁止だ」 「生徒は練習しています」 「学校が閉鎖されたら終わりだ」 「出場を!」 熱誠に校長はほだされ 「みんなが賛成では仕方ない」しぶしぶ折れた。 「必ず優勝します!」 意気天を...