Diversity Studies

お母さまは美人だった

〜「ミモザの島に消えた母」(9)〜

  お母さまは美人だった   アントワーヌは再びベルナデットを島に訪ねた。 母親の思い出を聞き出そうとするが彼女は詳しく話そうとせず ブランシェ(祖母)に渡してほしいと クラリスの遺品の入った箱を渡した。 「お母さまは印象的な美人だった。現れるとみなが注目する。...

ささいなことでも知りたいんだ

〜「ミモザの島に消えた母」(8)〜

  ささいなことでも知りたいんだ   松葉杖で職場復帰したアントワーヌは、なかなか仕事に身が入らない。 祖母ブランシェに 「マルゴ(アントワーヌの娘)が僕の子供の頃の写真を見たがっている」 とごまかして祖母ブランシェからアルバムを借りようとします。 「ママのこと...

遺体安置所

〜「ミモザの島に消えた母」(7)〜

  遺体安置所   アントワーヌは軽傷ですんだがアガットは入院だった。 父のシャルル、継母のアンヌ=ソフィ、 アントワーヌの元妻アストリッドが見舞いに来る。 アントワーヌは「やり直せないか」と元妻に言うがきっぱり拒絶された。 一人病院のベンチに腰掛け泣いていると...

みな何か隠している

〜「ミモザの島に消えた母」(5)〜

  みな何か隠している   島に来た夜兄妹はレストランで乾杯する。 「ママに」「クラリスに」「ママと呼ばないのだな」 「私のママはアンヌ=ソフィーよ」 「みな何か隠している気がする。ママの死について」 「私は5歳だった。父親なら子供に母親の悲惨な詳細は話さないで...

遺体はこの浜で?

〜「ミモザの島に消えた母」(4)〜

  遺体はこの浜で?   島に来た兄妹は、30年前家政婦をしていたベルナデットを訪ねた。 美しい海を見下ろす高台に立ち 「遺体はこの下の浜で?」とアントワーヌが訊く。 「お母さまの遺体が発見されたのは対岸のフロマンティーヌでした」 なぜそんな離れた逆の場所で? ...
article placeholder

大手65法人調査 7割がLGBTQに関する取り組みを実施または検討中

株式会社Works Human Intelligenceは、自社製品である統合人事システム「COMPANY」のユーザー65法人を対象に、2021年5月14日(金)~6月4日(金)の間、LGBTQに関する意識・取り組み調査を実施。大手法人における取り組み状況や人事担当者の問題意識、人事システム上の扱いについての調査結果を...
article placeholder

ReBit「精神・発達障害がある性的マイノリティの求職活動に関する調査」

認定特定非営利活動法人ReBitは、2021年5月1日(土)〜5月23日(日)に、「精神・発達障害がある性的マイノリティの求職活動に関する調査」を実施し、その速報を発表しました。     精神・発達障害があるLGBTQの現状が明らかに 認定特定非営利活動法人ReBitは、2021年5...
article placeholder

LGBTに寄り添う尼僧・柴谷宗叔氏インタビュー

一般社団法人全国寺社観光協会は、ベストセラー作家で僧侶でもある家田荘子氏出演のネット特別番組『そうだ、お坊さんに相談しよう。』第2弾・LGBT僧侶として知られる柴谷宗叔氏インタビューを公開しました。     性を越境したお坊さんのお話を オンライン僧侶クリニックとは、人々の不安やスト...