Diversity Studies

悪い癖は治ったと思っていたのに

〜「ブラック・スワン」⑫〜

  悪い癖は治ったと思っていたのに   必死でレッスンに取り組むニナの背中に、 爪で引っ掻いた大きな傷が何本もあるのを、ママが見つけます。 「悪い癖はもう治ったと思っていたのに」 自傷癖がまた出始めている。 内向的で謹厳で、自分で全て解決しようとして背負いこむ性格。 まれに見...

愉しみを知れ!

〜「ブラック・スワン」⑪〜

  愉しみを知れ!   トマがニナに訊く。 「彼氏はいる? 大勢? 君は処女?  ちがう? なら恥ずかしがるな。愛し合うのは好き? こういう会話ができないと」 他の女の子たちにとってはごく普通の会話なのですが、 ニナには特殊な話題だ。トマはそう思っている。 そこで「君に宿題...
常設の総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』10月11日オープン

常設の総合LGBTQセンター
『プライドハウス東京レガシー』
10月11日オープン

35の団体・専門家、14の企業、19の駐日大使館がセクターを超えて協働する任意団体「プライドハウス東京」コンソーシアムは、日本初の常設大型総合LGBTQセンター『プライドハウス東京レガシー』を10月11日(日)にオープンします。     安心・安全な居場所『プライドハウス東京レガシー』 ...

女王役をどうやって取ったの?

〜「ブラック・スワン」⑩〜

  女王役をどうやって取ったの?   引退するベスがパーティー会場を去ろうとして、ニナを呼び止めます。 「女王役をどうやって取ったの?  トマはあなたのことを不感症の小娘と言っていたのに。 どうやって彼の気をひいたの?」 業界のセクハラもいいところですが、ベスの方も 監督と寝...

君の課題は悪の分身だ

〜「ブラック・スワン」⑨〜

  君の課題は悪の分身だ   「君の課題は悪の分身、黒鳥への変身だ」 噛み付く激しさがあるならできる、トマはそれを引きずり出したい。 「悪に衝き動かされ、逃れられない。奇妙な力が湧き上がり、 次第に激しくなる」そしてレッスン中のリリーを指し 「あの動きを見ろ。予測不可能で官能的...
女性同士のカップルとともに「投資のキホン」を学べる漫画がスタート

女性同士のカップルとともに
「投資のキホン」を学べる漫画がスタート

We think (SHIBUYA).実行委員会がLGBTQへの理解促進を目的に展開する「自分らしく生きるプロジェクト」の公式webサイトで、新しく漫画の連載がスタートしました。「老後の資金は2000万円」とされるこの時代にLGBTQの人々が将来に必要な資金形成について、投資の活用を通じて学習し、考えられる場を提供しま...

アバズレ!

〜「ブラック・スワン」⑧〜

  アバズレ!   キャストが発表された。 ニナは掲示板も見ないで俯いて通り過ぎる。 いきなり同僚たちが「ニナ、おめでとう」口々に祝福。 プリマに抜擢だったのです! ニナはトイレに駆け込み、ケータイでママに知らせる。 「白鳥の女王役よ、ママ、大好きよ」 頬伝う涙。ホントに素...

抑えるだけでは到達しない

〜「ブラック・スワン」⑦〜

  抑えるだけでは到達しない   トマ「抑えるだけでは完璧に到達しない。解き放つことも大事だ。 自分自身を超えるのだ。少数の者だけにその才能がある」 「私にもあると思う」 強引にキスしてきたトマを激しく拒絶し、唇を噛んだ。 「ウソだろ、噛むなんて」あっけにとられたが ニナには...

完璧に踊るため

〜「ブラック・スワン」⑥〜

  完璧に踊るため   リリーをライバルと見たニナは、トマに直談判に行きます。 真っ赤なルージュを引いて(ベスの化粧台から盗んだもの) 「主役に抜擢して」 「君のイメージは白鳥しかない。美しく繊細、理想の白鳥だ。 黒鳥を踊るのはたいへんなことだよ」 「踊れるわ」 「そうかな...

4羽の白鳥には選ばれるわ

〜「ブラック・スワン」⑤〜

  4羽の白鳥には選ばれるわ   一途にバレエに打ち込む娘を 「頑張りすぎだわ」と母親は心配する。 「年を重ねると辛いことが多くなる。ママも経験した。 でも心配しない」 心配しない、なんて言うことが娘にはプレッシャーなのですけど。 親一人、娘一人でママは過剰なほど娘を愛してい...