Diversity Studies

article placeholder

IWATE RAINBOW MARCH 3rd
オンラインで開催

岩手県盛岡市で開催を予定していた「IWATE RAINBOW MARCH 3rd」は、新型コロナウイルス感染症流行の状況を鑑みて、オンラインでの開催が決定。オンラインの利点を活かしたコンテンツで2021年5月8日(土)~6月1日(火)の約1カ月間を盛り上げます。   IRM 3rd をオンラインで楽し...

たかが数株のボタンでしょ

〜「中国の植物学者の娘たち」(38)〜

  たかが数株のボタンでしょ   父の教授は怒っています。 「この特殊なボタンは雨に弱い。なぜ守ってやらない」 従順なアンが珍しく口答えします。 「間違いは誰にでもあるわ」「言う通りやれ!」 そこへ現れたリー・ミン。 「たかがボタンの数株でしょ。アンをまる...

私は恐ろしいほど孤独だった

〜「中国の植物学者の娘たち」(37)〜

  私は恐ろしいほど孤独だった   植物園には大きな温室があります。 アンは幻覚作用を起こす植物を植え、陶酔することがあります。 この日、アンはリー・ミンにその作用を施しながら低い声でささやく。 「あなたが来る前、私は恐ろしいほど孤独だった。 あなたが現れ、もう...

いつか遠くへ行きましょう

〜「中国の植物学者の娘たち」(36)〜

  いつか遠くへ行きましょう   アンとリー・ミンの気持ちは離れがたく結びついていきます。 「いつかこの家を出て、遠くへ行きましょう」とリー・ミン。 「無理よ」とアン。 「私がいなくなったら、父は死んでしまう」 教授には心臓の宿痾があります。 「離れられな...

2か月後

〜「中国の植物学者の娘たち」(35)〜

  2か月後   父教授と、娘のアンと嫁のリー・ミンの3人だけになって2か月。 「アヒルの脚は売ってないのか。ここ数週間、食べていない」 揚げたアヒルの脚は教授の大好物。それが食卓にのぼらない。 「リー・ミンが嫌いなの」とアン。 教授は露天で、一人寂しくアヒルの...

彼女の傷を見た?

〜「中国の植物学者の娘たち」(34)〜

  彼女の傷を見た?   リー・ミンは植物園に帰りました。 「死ぬほど怖かった」とアンに打ち明ける。 「お父さん、彼女の傷を見た? 兄さんの仕業よ」 教授は恬淡と「たとえ何をしようと私の息子だ」 100対ゼロで息子の味方なのね。 殴られても蹴られても女は孤...

白状しろ、言え

〜「中国の植物学者の娘たち」(33)〜

  白状しろ、言え   初夜です。タンが烈火のごとく怒っています。 「なぜ処女じゃない。白状しろ、言え」 タンが何を根拠にそう言っているのか、イマイチよくわからないのですが、 とにかくまあ、何かおかしいと思ったらしい。 リー・ミンの手首を縛り上げ、吊り下げてしま...

一人じゃイヤ、ついてきて

〜「中国の植物学者の娘たち」(32)〜

  一人じゃイヤ、ついてきて   新婚旅行に出発です。汽車の窓からリー・ミンが身を乗り出して 送りに来るアンを待っている。アンが来た。 「一緒に来て」夫のタンを振り向き「妹さんも一緒に」 タンはまじまじと妻を見る。 「君は正気か。ハネムーンだぞ」 無理もな...
article placeholder

第29回レインボー・リール東京
開催決定!

昨年は残念ながら開催が見送られたレインボー・リール東京が、今年2021年は東京・大阪の2会場で合計14日間開催されることが決定しました。関西エリアでの開催は第9回以来21年振りです。   世界中のLGBTQ映画を上映する映画祭 第29回レインボー・リール東京(東京国際レズビアン&ゲイ映画祭)開催が決...

(踊ろう)

〜「中国の植物学者の娘たち」(31)〜

  (踊ろう)   婚礼の宴。父は娘の手を取りダンスを披露するが、アンの表情は どこか悲しげです。 父とのダンスが終わった。アンはリー・ミンに手を差し伸べ (踊ろう) アンはリー・ミンの顔を覗き込むように、愛しげに抱き寄せて踊る。 傍目にも仲のいい、兄嫁と...