Latest News

チューリング君、手紙かね?

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑭〜

  チューリング君、手紙かね?   回想シーンです。 授業中チューリングは手紙をクリストファーと交換する。 先生が気づき「チューリング君、手紙かね」言って没収する。 読んだはずですが内容には何も触れずクズカゴにポイ。 二人は数学の授業が易...

嫌われたら終わり

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑬〜

  嫌われたら終わり   妥協しようとしないチューリングにジョーンが言います。 「私は男の中で働く女よ。嫌われたら終わり。 あなたがどんなに優秀でもエニグマはその上をいく。本気でパズルを 解くには、みんなの協力が必要よ。嫌われたら誰にも助け...

クリストファー。私のマシンだよ

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑫〜

  クリストファー。私のマシンだよ   一人、ジョーンはチューリングの才能を認めていました。 「クリストファー。僕のマシンだよ」 死んでしまった恋人の名前でチューリングはマシンを呼ぶ。 「万能マシンをつくるの?」とジョーン。 「プログラム...

傲慢なカス野郎

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑪〜

  傲慢なカス野郎   「私のマシンはエニグマに勝つ」 豪語するチューリングに 「傲慢なカス野郎。我々を手伝いもせずマシンは役に立たない。兵士たちが戦争で戦っている。兄は海軍で食料の輸送船団を守り、従兄は空軍で哨戒機に。僕たちは何の結果も出せ...

時間が最大の敵だった

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑩〜

  時間が最大の敵だった   エニグマ解読チームは重苦しい空気が立ち込めていた。 「我々の敵はドイツだと思うだろうがちがう。時間が最大の敵だった。 英国民は飢えていた。米国は毎週10万トン以上の食料を支援したが ドイツ軍が毎週海底に沈める。...

誰も想像し得ないような人物が

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑨〜

  誰も想像し得ないような人物が   せっかく採用されたジョーンは 「採用はお断りします」と言ってきた。 男ばかりの職場に両親が反対なのだという。 説得のためジョーンの自宅を訪れたチューリングは熱心に説く。 女性の看護師もいれば事務員もい...

なぜちがうと思うの?

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑧〜

  なぜちがうと思うの?   「自分で解いたのですか」と試験官の一人がジョーンに訊く。 ジョーンは訊き返す。「なぜちがうと思うの?」 男社会に挑戦するヒロインです。 彼女はエニグマ解読チームの一員に採用された。 しばらく働くうち、ジョーン...

ジョーン・クラークよ

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑦〜

  ジョーン・クラークよ   人手が足りない。チューリングはチームに増員を申請する。 新規採用に応募者が集まった。 教師、技術者、学生、クロスワード・パズルが得意、 一定の枠に閉じこめず、ユニークな人材をチューリングは求めた。 その中にジ...

君が異質だからだ

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑥〜

  君が異質だからだ   頭がいいからいじめられる、と嘆くチューリングに クリストファーは言います。「君が異質だからだ」 頭がいいから、と自分で言うチューリングの自意識も相当ですが 「異質だからだ」といったクリストファーは 反社会性、反順...

クリストファー

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密⑤〜

  クリストファー   1928年シャーボーン・スクール。 男子寄宿学校にチューリングはいます。 本作の基本軸は2本。天才数学者としてエニグマに挑むチューリングと 同性愛者として阻害され、化学的去勢を受ける悲劇のマイノリティ。 シャーボー...

チャーチルがアランを責任者に?

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密④〜

  チャーチルがアランを責任者に?   ここは大学ではない、指揮系統に従えという上官に アランは彼の上司であるウィンストン・チャーチルに直訴する。 チームの責任者になったチューリングは 「キースとチャールズはクビだ。言語学にも暗号解読にも能...

死神の歪んだ手

イミテーション・ゲーム/ エニグマと天才数学者の秘密②〜

  死神の歪んだ手   ブレッチリーでのミッションはエニグマ暗号機の解読。 連合軍がエニグマの解読に成功すれば戦争の終結が早まる。 エニグマ暗号機は細いキーが何本も突き出た、黒い鉄の塊。 すべての奇襲作戦の詳細、極秘の輸送船団、Uボートの情...