Latest News

よそに泊まってほしい?

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」⑦〜

  よそに泊まってほしい?   ロニートはドヴィッドの勧めで彼らの家に泊めてもらうことにします。 エスティがロニートの寝室の用意をしにくる。 態度がよそよそしい。 「よそに泊まってほしい?」とロニートが気をつかう。 「好きにして」と素気な...

「あなたたち…」「そうだ」

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」⑤〜

  「あなたたち…」「そうだ」   ロニート(ハッ)「あなたたち…」「そうだ」と重々しくドヴィッド。 「どうして結婚したことを黙っていた?」 「あなたは消えた」とエスティが口を聞く。 平坦な口調ですがかすかにトゲがある。 怒っているのでも...

「ラビのために来たのか?」

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」④〜

  「ラビのために来たのか?」   「ラビのために来たのか」とドヴィッドは訊く。 「他に何がある?」とロニート。 ドヴィッドの言葉には何か含みと猜疑があります。 一人娘が父親の葬儀に参列しようとニューヨークから来た、 それだけとは思えない...

「平気か?」「ええ」

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」③〜

  「平気か?」「ええ」   ドヴィッドという男性が気の小さな人でして、 ロニートをかばうというより、彼女の一緒にいることで 何かトバッチリを食わないか、気にしているようです。 「平気か」「ええ」なんてやさしい問いかけには聞こえない。 平...

ロニート、来たとは驚いた

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」➁〜

  ロニート、来たとは驚いた   ロニートはニューヨークで写真家として自立しています。 父親の訃報を聞き、ためらったが帰郷を決める。 ラビの死を悼む人々が集まる家に来て、 ドヴィッドを呼んでほしいと頼む。 彼は父親の後継者となるユダヤ教の...

選択は人間の特権であり重荷です

〜「ロニートとエスティ 彼女たちの選択」①〜

  選択は人間の特権であり重荷です   イギリスの田舎にあるユダヤ人地区。レビが教義について語っています。 「人間には反抗する力があります。生き物の中で唯一、 自由意志を持つのです。 我々は天使の純粋さと獣の欲望のうちにいる。 選択は特権...