Latest News

LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

開けてよ、話を聞いて!

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉖〜

開けてよ、話を聞いて!締め出されたアデルはドアを叩き、話を聞いて、と叫ぶ。アデルには後ろ暗い気持ちなど、これっぽっちもない。エマはかす耳も持たず、ドアは無情に締まったまま。夜遅い、人通りもなくなった通りを、アデルはしゃくりあげながら歩く。エマはリーズという恋人ができて、アデルと別...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

さびしくて、ただ無性にさびしくて

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉕〜

さびしくて、ただ無性にさびしくてエマは制作の仕上げに没頭し、リーズと毎日、夜遅くまでいる。アデルが帰っても誰もいない。同僚たちとの飲み会にアデルは行く。何度かデートをする相手もいた。ある夜、エマが先に帰っていた。車で送ってくれた彼はだれなのと詰問する。「彼と寝たのね」「二度か、三...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

イザコザなんて普通よ

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉔〜

イザコザなんて普通よ初の個展の準備にトラブルがあって、エマはイライラする。電話で大声を出し、早口で反撃する。そばで聞いていたアデルは、部屋の中をせかせか歩き回るエマに「イザコザなんて普通よ。私もよく揉める」ゆっくりという。エマより早くから社会人となったアデルは、職場の摩擦、意見の...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

こうしているのが私の幸せなの

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉓〜

こうしているのが私の幸せなのエマはいいます。「あなたが明るく満たされて、料理や家事をするのもいいけど、幸せになってほしいの」「こうしているのが私の幸せなの」とアデル。「なら、いいけど」アデルはエマの気のない口調を敏感に感じ取る。「そんなに責めないで」「責めてない」「リーズは昔の恋...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

わたしはクリムトが好き

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉒〜

わたしはクリムトが好き好きな画家の話題になる。「わたしはクリムトが好き」とエマ。「わたしはエゴン・シーレが好き」と友人。「クリムトは華やかで装飾的だわ」「装飾的? 話にならない」とエマはバッサリ。「反対意見は切り捨てるの?」「シーレも大好きよ。もっとねじれていて暗くて重い。でもク...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

エマとアデルに。愛に。

〜アデル、なんてお前はいいやつだ㉑〜

エマとアデルに。愛に。エマの初めての展覧会を祝い友人、画廊関係者らがガーデンパーティに集まった。「わたしの美の女神で創造の源泉、アデルに」とエマは杯を上げる。「エマとアデルに。愛に」と友人らは祝福する。「きょうの料理も全部、アデルが作ったの」とエマ。十数人の招待者をもてなす裏方だ...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

努力する、全身全霊で

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑳〜

努力する、全身全霊で疲れをにじませたエマが訊く。「哲学の世界はどう?」「大好き。信じられないくらい奥が深くて。 情熱的で勉強するのが楽しい。何点くれる?」「14点(20点満点)。もう少し実践がいる」「努力する。全身全霊で」アデルの家で哲学の勉強は、それは楽しいものに違いない。初め...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

やっと会えたわ、会えてうれしいわ

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑲〜

やっと会えたわ、会えてうれしいわエマがアデルの家に招待されました。エマのおかげで、娘の哲学の成績がよくなったと母親は喜びます。画家になると収入の道が大変だろうと父親は心配します。「芸術家は生活に関心がないの」とアデル。父親は「生活のために堅実な職業に就くことだ」とアドバイス。エマ...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

アデル、君の話をしよう

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑱〜

アデル、君の話をしようアデルがエマの家に招待されました。エマの父は亡くなり、母親は再婚しています。継父は料理が好きで、娘の客のために腕をふるう。父親が「アデル、君の話をしよう」と促し、さりげなくとてもスマートに聞き役に徹する。根ほり、葉ほり、立ち入った質問があっても、アデル、つま...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

女性のほうが好き? 両方?

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑰〜

女性のほうが好き? 両方?エマは難しい性格ですが、アデルの訊くことにひとつも嫌な顔をしません。「なにが? 女性が? キスしたことが?」「初めてキスしたの」「14歳くらいかな」「女性のほうが好き? 両方?」レア・セドゥは屈折した気難しい役が多いのですが、ここでアデルを見る視線はこよ...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

お腹がいっぱいでも食べられる

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑯〜

お腹がいっぱいでも食べられる食べることが好きかと聞くエマに、「大好き。お腹がいっぱいでも食べられる、食べつくすの」とアデルが答える。「食べる」「食べつくす」… なんでもない無邪気な会話のようでいて、エマを見つめるアデルの目に、エロチシズムが立ちのぼっています。「初めて味わったのは...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

「ハムの皮を捨てるの?」

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑮〜

「ハムの皮を捨てるの?」この映画では10数分間のラブシーンが話題になりがちだし、確かに中心軸ではありますけど、ケシシュ監督はそこに至るまでに、丁寧に、丁寧に、アデルとエマが心を通わせるプロセスを描いています。この導入部があったから、ふたりの、やむにやまれなかった情熱や、切ないばか...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

悪は自然である

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑭〜

悪は自然であるアデルは悲しくて教室に戻っても泣いています。ちょうど国語(フランス語)の時間、ポンジュが例題に出ていた。先生が「ポンジュのいう、病的なためらいとは何かな、ルイ」「はい。重力自体が悪であり、抗えないといっています。カトリックでは、悪は抑制し、拒絶すべきものですが、彼は...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

遠くからでもレスビアンの匂いがする

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑬〜

遠くからでもレスビアンの匂いがするアデルがエマと会ったことで、同級生たちは騒然。アデルを取り囲む。「新しい恋人なんでしょ」「ゲイバーに行ったのね」「遠くからでもレスビアンの匂いがする」アデルのほおが引きつり、突き飛ばす。大げんかになる。「やめなさいよ!」「アデルが先に手を出したの...
LGBTシネマ365日別冊1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

「恥ずかしい?」「少し」「そう?」

〜アデル、なんてお前はいいやつだ⑫〜

「恥ずかしい?」「少し」「そう?」モデルになって恥ずかしいかとエマが聞いています。「少し」とアデル。「そう?」「したことないから」「うれしくない?」「うれしい」女友だちを待たせている、そろそろ行かなくちゃ、とエマ。アデルはエマのデッサンを見て「好きよ。自分の顔なのに自分じゃないみ...