Latest News

私はあなたの望むものを与えた

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉖〜

私はあなたの望むものを与えた バーバラは言い返す。「私はあなたの望むものを与えた。結婚からの解放を」「なんですって!」解放してくれとだれが、いつ、あんたに頼んだ。これこそ大きなお世話ではないか。ふたりはテーブルを倒し、家具をはねのけ、つかみ合いの大立ち回りになります。ケ...

いろいろ書いてあるわね…

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉕〜

いろいろ書いてあるわね… バーバラの家はマスコミに取り囲まれている。シーバは蟄居したままで。報道陣をかき分けてバーバラは家に入らねばならない。一瞥して気がついた。部屋という部屋が散乱していた。「シーバ」と呼ぶと、部屋の奥の暗がりに腰掛け、押し殺した声で「私のこと、いろい...

人生最高の日々だった

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉔〜

人生最高の日々だった 眠るシーバをバーバラが見つめる。「私にとって人生最高の日々だった。女ふたりが暮すのだ。ケンカもする。だがその緊張はなんと甘美な緊張だろう」バーバラにとって至福の日々はある日破れる。シーバが足の裏に貼りついた金星印を怪訝に思ったのだ。ゴミ箱に丸めてあ...

好きなだけ、いていいわ

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉓〜

好きなだけ、いていいわ バーバラは退職しました。謹慎中のシーバの家を訪ねます。離れのアトリエにこもっています。夫のリチャードは剣のある目でバーバラを見ます。バーバラも夫にかまわず、さっさと離れへ。出会い頭に娘が「疫病神がきたわ!」「口を慎みなさい!」とバーバラ。シーバは...

450メートル以内に近づくな!

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉒〜

450メートル以内に近づくな! 「ジェニファーの弁護士から来た書類だ。450メートル以内に近づくなとの法廷命令だ。これが友情か?彼女の婚約者に葬式の花輪を送ったとある。こんなこと、公表されたら困るだろ。生涯をかけた教職の末路が汚辱にまみれるぞ。どうするかは君の判断に任せ...

もう一人の君の“親友”だよ

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」㉑〜

もう一人の君の“親友”だよ 「もう一人の君の“親友”だよ」と校長は意味深に言います。親友というのがいかにもいやらしい言い方です。バーバラは(チェッ)という感じ。「ここをやめたジェニファー・ドッドだ」ジェニファーとはこれまで何度か登場し、誰も深く触れないミステリアスな存在...

来年、定年だな

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑳〜

来年、定年だな 「ふたりのことを知りながら黙認していたなら君は共犯と同じだ」「何も知りません」「来年、定年だな、バーバラ。1年早く辞めてくれるとみな、助かるのだがね。新しい教育方法が合わず、ストレスで」「大人同士の友情は法に触れません」しかし校長は以外な名前を出します。...

セント・ジョージ校の問題ですが

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑲〜

セント・ジョージ校の問題ですが 事件はテレビの取り上げるところとなった。「セント・ジョージ校の問題ですが、別の教師ふたりもこの件を知っていたと思われますが、学校側は否定しています」バーバラは校長室に呼び出される。「申し上げた通り、私は何も知りません」バーバラは頑として拒...

私との結婚を壊したいなら-

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑱〜

私との結婚を壊したいなら- 夫がシーバにいう。「私との結婚を壊したいなら、大人と浮気しろ。それならわかる。相手は15歳だぞ。正気か!」「あなたも教師だったわ」「君は20歳だった」「彼が欲しかったの」「なぜだ!」「わからないわ!」人間、わかっていることだけやるとは限らない...

変態女に聞くがいい、クソアマ!

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑰〜

変態女に聞くがいい、クソアマ! バーバラがシーバの家の夕食に呼ばれているとき、少年の母親が血相変えて怒鳴り込んできました。「この女、相手は子供だよ、何てことをするの!」シーバの胸グラをつかみ殴りつける。シーバは手向かわない。子供たちはオロオロ、夫が事情を聞こうとすると「...

シーバに孤独の何がわかる

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑯〜

シーバに孤独の何がわかる 「キリストを裏切ったユダは後悔して首を吊った、そう記したのは使徒の中で最も感傷的なマタイだけ」とバーバラはうそぶく。つまり、彼女にとっては裏切りなど屁でもないってことね。でもこのあと続く彼女の呪詛は、バーバラの孤独の深さを絶望的なまでに示します...

LGBTのためのお金の不安がなくなる基礎知識! VOL.3

【会社都合と自己都合。失業保険は、大違い】 仕事が合わない!人間関係が複雑で会社に行きたくない!と思ったことは、誰しも1度は経験したことがあるのではないでしょうか?特にLGBTQの方は、人知れず仕事以外の精神的なストレスを抱えがちです。すぐに辞められたら、いいのですが、辞めるとき...

彼女が好むのは若い男のようよ

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑮〜

彼女が好むのは若い男のようよ バーバラの同僚教師が折り入って相談に来ます。シーバが自分のことをどう思っているだろうか、知りたいと。バーバラは「よくは知らないけど、彼女が好むのは若い男のようよ」さらにさりげなく、「驚くほど若い男。少年らしいわ。シーバは私にはそんな話、しな...

みんな最後は手のひらを返す

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑭〜

みんな最後は手のひらを返す 長年同居したバーバラの猫の埋葬に、シーバに一緒にいってくれとバーバラが頼む。シーバは息子の学芸会を、家族で見に行ってやらねばならない。バーバラの懇願にシーバは弱り果てる。旦那が「妻を解放しろ! 厄病神」シーバはきつい口調で夫を怒鳴りつけ、「す...

「私の思い違い?」「いいえ」

〜狂気の沙汰も愛次第「あるスキャンダルの覚え書き」⑬〜

「私の思い違い?」「いいえ」 バーバラとシーバは急速に近づきます。「人はみな、相容れない相手と何年も無駄に過ごす。理想の伴侶を見つけたと信じたいから。真実の相手を見極めるのは勇気がいるの。人は己の限界を知る。人生をひとりぼっちで終えるのが怖い」「誰でもそうよ」とシーバ。...