Latest News

珍しいコーヒーの飲み方ね

〜彼女の名は「ビリティス」⑦〜

珍しいコーヒーの飲み方ね   コーヒーカップを持ったまま、メリッサの前を行ったり来たりしている ビリティスに言う、メリッサの嫌味。 「うろちょろしないで。座って」 ピエール「何か頼みごとがあるのだろ。俺がジャマなのか」 「うん」とビリティス。あんま...

愛に幻想を抱かないように

〜彼女の名は「ビリティス」⑥〜

愛に幻想を抱かないように   「愛に幻想を抱かないように」メリッサは独り言のように言って ビリティスを海辺の小屋の前に置いて去ります。 小屋は、ルカが観光客相手の写真を売る小さな店でした。 学校で文化祭の記念写真を担当したときから、 ビリティスの美...

私は今のあなたが好きよ

〜彼女の名は「ビリティス」④〜

私は今のあなたが好きよ   海から上がり、テントで水着を脱がそうとするが、 ビリティスは恥ずかしがって脱がない。 「風邪をひくわ。ふざけないで脱ぐのよ」 強引に脱がしてビリティスの体を拭いてやる。 ビリティスは恥ずかしがり「ペッタンコでしょ」 「...

うちのママと交換して

〜彼女の名は「ビリティス」①〜

うちのママと交換して   良家の子女を預かる寄宿学校。 休暇に入る子供たちを保護者が迎えに来る。 ビリティスを迎えにきたのは卒業生のメリッサ。 ビリティスの父の友人の娘で、ビリティスは幼い頃に会っていた。 「きれいな人ね。うちのママと交換して」 ...

すべてよ

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑰〜

すべてよ   ラストは含みありすぎ。川べりにいるダラスにジャスミンが カップコーヒーを持って近づく。 「何かあった?」とダラスが訊く。 「あなたのことを同僚に話した」「何を?」「すべてを」 ダラスが微笑む。 ジャスミンはダラスとの生活を選んだのだ...

別れを告げに来た

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑯〜

別れを告げに来た   ジャスミンが言う「別れを告げに来た」 そしてすぐ「別れたくない」 ダラス「別れなきゃ。苦しめてごめん」泣かせるわ。 「私が望んだ。今も望んでいる」とジャスミン。 「終わらせるべきだ。こんな関係を続けたい? 婚約指輪をはめたまま...

どうしたら償える?

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑮〜

どうしたら償える?   「どうしたら償える?」ジャスミンが婚約者に訊く。 「別れてこい」 そう言ってすぐ「早く行こう」ジャスミンを車に乗せダラスの家に向かう。 着いた。確かめるように婚約者がジャスミンの顔を伺う。 ジャスミン、意を決して車を降ります...

「相手は女性よ」「関係ない!」

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑭〜

「相手は女性よ」「関係ない!」   いいのがれですが、ジャスミンは婚約者にこう言う。 「相手は女性よ」「関係ない!」 婚約者のいうほうが正しい。 相手が男だろうと女だろうと、 「君は貪っていた! 僕が帰ってきたのも気が付かなかった!」 男女の違い...

最悪だ

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑬〜

最悪だ   ジャスミンを送ってきたダラスは、別れがたく「また会いたい」 「無理よ」 でもどっちも欲望を抑えられない。 ベッドではダメ、とジャスミンがいい、階段で、バスで… そこへ予定が1日早くなった婚約者ライルが帰宅した。現場を見て呆然。 身を翻...

上っ面の人生の事を考えたくない

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑫〜

上っ面の人生の事を考えたくない   「何も忘れたくない」というダラスに 「上っ面の人生のことを考えたくない」とジャスミン。 ふたりはダラスの家に戻る。 「この家が好きよ」。低いベッドとテーブルと本棚。 ジャスミンはベッドに座り、ピシャリとダラスの頬...

君を見つめるときに

〜全編口説きのセリフ「アンダー・ハー・マウス」⑪〜

君を見つめるときに   「変化が起こる予感って、味わったことある?」とジャスミン。 「君を見つめるときに」とダラス。 婚約者が帰ってくるまでの2日か3日が二人に許された時間です。 海岸で、遊園地のメリーゴーランドで、 二人の交わすセリフと映像がとて...