ゲイ映画のキメ台詞

気をつけたほうがいいよ

〜小さいおうち㉓〜

  気をつけたほうがいいよ   物資は配給制になりました。時子の平井家にミリンを届けに来た 酒屋のおじさんが声をひそめタキに耳打ちします。 「おたくの奥さん、コレがいるんじゃねえか」と親指を立て 「気をつけたほうがいいよ。こういうご時世だから」 小さなおうちで、大変なことが起こ...

召集されることになりました

〜小さいおうち㉒〜

  召集されることになりました   11月の土曜の夜、板倉が来て告げた。 「僕のような丙種合格者も召集されることになりました」 時子は動揺する。タキだけが手に取るようにわかる。 そそくさと帰った板倉の背に時子の夫は (めでたいのに)「酒くらい飲んでいけばいいじゃないか」ブツクサ...

かわいそうに…

〜小さいおうち㉑〜

  かわいそうに…   「ダメよ、もうダメ、いけないわ、もうこれきりにしましょう」 いきなり時子はそう喋り出し睦子とタキはギョッ。 「もうこれっきりにしましょうって言って帰ってきたのよ。 いけないに決まっているじゃないの!」 「何のこと?」と睦子。 「見合い話よ。そんな意地を...

苦しいわね、あなたも

〜小さいおうち⑳〜

  苦しいわね、あなたも   「女学生のとき、そりゃ綺麗だったのよ、時子さん。 みんな好きになっちゃうの。あの人のこと。 時子さんの結婚が決まったとき、自殺しかけた人もいるの。 いやだったの、あの人が結婚するのが。独占したかったのよ。 わかるでしょ。タキちゃん。苦しいわね。あな...

つまり、こういうことだわ

〜小さいおうち⑲〜

  つまり、こういうことだわ   睦子が言うのは「つまり、こういうことだわ。 好きになっちゃいけない人を好きになっているのよ」 「そうなんです」と答えるタキを睦子はいたわしい目で見る。 睦子が板倉と時子の不倫を指しているのは明らかですが、 実はもう一つ「好きになっちゃいけない人...

奥さま、この頃少し変なのです

〜小さいおうち⑱〜

  奥さま、この頃少し変なのです   「私の心臓は妙な打ち方をした。それから二度、奥さまは板倉さんの 下宿に出かけた。二度とも洋装だった。 ある日「奥さまの親友の睦子さんがいらした」 タキは思い切って悩みを打ち明ける。 「奥さま、この頃少し変なのです。 私、どうしたらいいかわ...

今でもはっきり覚えている

〜小さいおうち⑰〜

  今でもはっきり覚えている   「ただいま」「おかえりなさいませ」 タキは帰宅した時子を「今でもはっきり覚えている」 後ろ姿の帯の一本独鈷の筋が、今朝とは逆になっていた。 奥さまの帯が解かれるのが、その日初めてではないのではとタキは思う。 タキが愛してやまなかった、小さなおう...

白いお太鼓の端に太い筋が一本

〜小さいおうち⑯〜

  白いお太鼓の端に太い筋が一本   時子のいでたちはとても大胆でした。 「奥さまは黒っぽい着物に、白い帯のお太鼓の端に、黒の太い筋が一本」 板倉の下宿先には、おじさんの囲碁仲間が来ていました。 「どこかで見た女だなあ」と首をひねる。 「どこだったかなあ」 二階では板倉の腕が...

一人で出かけるから

〜小さいおうち⑮〜

  一人で出かけるから   ノートを書きながらタキの独白。 「だんだん辛い話になってきた。でも書かなければならない。 そう決めたのだから」 時子はハガキを書いた。「板倉さんの本当のお気持ちをお伺いしたく、 3日の日曜日にまたお訪ねします」 「本当の気持ち」というところが意味深...

「君、少し意見してきなさい」

〜小さいおうち⑭〜

  「君、少し意見してきなさい」   「この縁談には我々の会社の仕事が絡んでいるのだから、 ぐずぐずしてもらっちゃ困るのだよ。君、少し意見してきなさい。 二人も候補者を立ててやったのに、どっちも断るなんて非常識だよ。 結婚は業務命令だ」 イライラする夫に「業務命令だなんて、私も...