Diversity Studies

「出してくれる?」「開いてるよ」

〜サンローラン④〜

「出してくれる?」「開いてるよ」   ピエールがサンローランをクローゼットに閉じ込めた。 サンローランは暴れたり大声を出すような性格とはちがう。 しばらく静かにしていて「出してくれる?」と大人しく頼む。 「開いているよ」とピエール。 扉を開けたサンローランは何も来ていない。 彼にとって...

僕は33歳なのに100歳の気分だ

〜サンローラン③〜

僕は33歳なのに100歳の気分だ   ナイトクラブでサンローランはシャネルのモデルであるベティを 「僕の仕事をしてくれ」と直談判する。物腰こそ温和ですが有無を言わせない。 ベティはシャープな美人ですが、サンローランは容貌もさることながら、 自分の意図するムードのある女性が必要でした。 と...

音楽を聴かせてほしい

〜サンローラン②〜

音楽を聴かせてほしい   サンローランは非常に物静かな青年です。マネージャーが春夏・秋冬の コレクションのスケジュールをとうとうと伝える。 モデルたちがひっきりなしに工房を出入りする。 サンローランは自分の席で、コンテを動かす手を止め(彼は左利きです) 微笑してささやくようにいう「音楽を...

ドヌーブの衣装ね

〜サンローラン①〜

ドヌーブの衣装ね   この映画はイヴ・サンローランの伝記ではなく、1967年から1976年の 10年間に限っています。サンローランがサンローランであるために 払った代償がテーマです。伝説的で解説的になるのを避けた、と ベルトラン・ボネロ監督の言うように、サンローランの私生活を可能な限り ...

いい言葉ね。帰りましょう

〜アトミック・ブロンド⑰〜

いい言葉ね。帰りましょう   ロレーンが特別機に機上しました。 待っていたのはCIA責任者。 事情聴取でロレーンが「彼を外して。CIAには聞かせたくない情報がある」 敵対を装っていた彼らはCIAのエージェントでした。つまりグル。 冷戦解決のためにアメリカが企てた計画、というのもハリウッド...

私の人生に戻るわ

〜アトミック・ブロンド⑯〜

私の人生に戻るわ   刺客6人を射殺。 「死ぬ前に言ってあげる」とロレーンがブレモヴィッチに話しかける。 「東西冷戦を終わらせるには、鉄の壁を破ることが必要だった。 私に操られていたのはあなたよ。私は自分の人生に戻るわ」 ロレーンは部屋を出る。ドアの外で待っていたのはメルケル。 ボーイ...

「サッチェル同志」

〜アトミック・ブロンド⑮〜

「サッチェル同志」   ロレーンはホテルでロシアの上位工作員、ブレモヴィッチと会っている。 彼はロレーンに呼びかける「サッチェル同志」 「ブレモヴィッチ同志」とロレーンが呼び返す。 二重スパイ「サッチェル」とはロレーンだった。 イギリス諜報部最大の情報漏洩者サッチェル。 正体が判明すれ...

何を着ればいい?女王のお茶会に

〜アトミック・ブロンド⑭〜

何を着ればいい?女王のお茶会に   部屋を出ようとする男をロレーンが呼び止める。 「何を着ればいい? 女王のお茶会に」 リストを取り戻すことは女王の茶会に招かれる栄誉だった。 ロレーンはリストを手中にしていますが、上司たちに見せない。 リストの使い道は、こんな連中のレベルではない。 「...

上司ですって?

〜アトミック・ブロンド⑬〜

上司ですって?   シーンは再び事情聴取室。 質問に答えようとしないロレーンに「私は君の上司だ」と 責任者がなじる。 「上司ですって?」ロレーン。ジロリ。 「東西冷戦のストレスから精神を病み、何の方策も打てなくなった自分の 無能ぶりを隠すため私を派遣し、リストを手に入れ、殺させるつもり...

「サッチェル」

〜アトミック・ブロンド⑫〜

「サッチェル」   死にかけながらパーシヴァルが言う。 「リストを読んだよ、ロレーン。君の隠された正体もそこにあったよ」 ロレーンは冷たく「サッチェル」とパーシヴァルに呼びかける。 長々書けませんが、ここが本作に仕掛けられた最大の罠です。   (「アトミック・ブロンド」 ) ...