Diversity Studies

この手は心のきれいな人の手だ

〜彼らが本気で編むときは、㉓〜

この手は心のきれいな人の手だ   リンコが勤める介護施設にはいろんな人がいます。 見舞いに来る人ごとに「わたくし、○○製薬のなになに」と名前を名乗り (大企業の部長か役員かだったのでしょう)、介護士にいつも 引き戻されていく年配の男性がいます。 彼は自分の手をとってくれる人の手を握ると ...

女性部屋に移してください

〜彼らが本気で編むときは、㉒〜

女性部屋に移してください   救急車で運び込まれたリンコは男性の病室だった。 マキオは「彼女は女性です。女性部屋に移してください」 看護師は冷たい。「でも性別は男性ですので」 「女性ですよ。見たらわかるでしょう」 「検査する一泊だけ、待てないのですか」 「空いている部屋は無いんですか」 ...

マキオの子供も産めない

〜彼らが本気で編むときは、㉑〜

マキオの子供も産めない   「どう頑張っても自分の力じゃ、どうにもならないことがある。 マキオの子供も産めない」 リンコが珍しく弱音を吐きます。 そんなリンコにトモが言うのは「きのう、ママを見かけた」 リンコは動揺します。 マキオと、トモと、一緒に暮らした束の間の「家族」が夢のように消え...

ママでもないくせに!

〜彼らが本気で編むときは、⑳〜

ママでもないくせに!   元気のないトモを心配するリンコに 「ママでもないくせに」トモはひどい言葉を投げつける。 子供の残酷さだと言ってしまえばそれまでですが、リンコはぐさっとくる。 所詮、自分がやっていることは家族ごっこなのだ… 荻上監督、私たちを励ましたり勇気づけたり、と思うと やり...

変態家族

〜彼らが本気で編むときは、⑲〜

変態家族   トモは学校でイジメにあいます。 黒板にデカデカと「変態家族」と書いてある。 同級生のカイのママは同性愛嫌悪者です。息子がゲイであることを知らず 「ああいう人は普通じゃないの」という。 「普通ってどういうこと」カイはますます自分のセクシュアリティに 不安を持つ。「普通とは異常...

受け入れます、全部

〜彼らが本気で編むときは、⑱〜

受け入れます、全部   生田斗真がイヤにカッコいいけど、マキオの桐谷健太もいいですよ。 リンコはトモが可愛くてたまらない。 「もしトモのままが帰ってこなかったら、戸籍を女に変えてマキオと 結婚したら、トモを養子にできるかな。結婚までは考えてないか… 図々しいよね、結婚するなんて」 伏し目...

これはね、私のボンノー

〜彼らが本気で編むときは、⑰〜

これはね、私のボンノー   「これはね、私のボンノー。下の手術したときは、けっこう、 つらかったのよねー。何でこんな苦しい思い、しなくちゃいけないのだろう。 何か間違ったこと、したのかな…間違ったのは私じゃなくて、 神様が私の造型を間違ったのだけど。 108作ったら燃やすの。私の男根への供...

いつの間にか心が平らになる

〜彼らが本気で編むときは、⑯〜

いつの間にか心が平らになる   リンコがトモに「何があっても何を言われても、飲み込んで踏ん張って、 我慢して怒りが通り過ぎるのを待つの」 「通り過ぎないときは?」 「私はこれで」とリンコは編み物を取り上げ 「ちくしょう、ちくしょうって、一目、一目、編んだらいつの間にか 心が平らになる」 ...

ああいう種類の人

〜彼らが本気で編むときは、⑮〜

ああいう種類の人   スーパーで買い物をするリンコとトモをカイの母親が見かけた。 リンコと離れたトモに近づき 「私はあなたの味方よ。あなたは一人じゃないのよ。ああいう種類の人と あんまり一緒にいないほうが、ね」 熱を込めて言う。トモは彼女を突き飛ばし持っていた洗剤をふりかける。 スーパー...

しじみの醤油漬けと切り干し大根

〜彼らが本気で編むときは、⑭〜

しじみの醤油漬けと切り干し大根   リンコが約束を守りました。 トモが好きだと言った居酒屋メニューのお弁当を持ってお花見に。 川の土手に3人並んで座り、まあ、綺麗なお弁当。 風景を雄弁な脇役にするのが荻上映画ですが、このシーンは特筆モノです。 いいなあ、こんな家族。 幸せって、他のことが...