Diversity Studies

LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

急に花ひらいたようよ

〜誘惑者キャロル52〜

急に花ひらいたようよAs if you are suddenly blossomed. 別離の試練に耐えたテレーズは、冷たい水で洗われ、大人びて見えました。一度にしっかりしたテレーズを見て、「花ひらいたようよ」そういったものの、キャロルはちょっと寂しかったでしょうね。望んだことではあるけど、テレーズを遠く感じ...

2月23日(木)、都内にて「第2回LGBT-Allyシンポジウム」開催

LGBTダイバーシティの取り組み事例を共有  LGBTダイバーシティ推進支援を行う「株式会社Nijiリクルーティング」により、2月23日(木)、LGBTダイバーシティを推進しようとする企業を対象に、「第2回LGBT-Allyシンポジウム」が開催されます。  これは、具体事例の意見交換を目的に、LGBTダイバー...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

とてもうれしく思うわ

〜誘惑者キャロル51〜

とてもうれしく思うわYou have no idea how pleased I am for you. (やばそうね)そう思ったかもしれないキャロルは「仕事で忙しそうね。とてもうれしく思うわ」当たり障りなく続ける。テレーズはおし黙っています。キャロルの声を久しぶりに聞き、顔を見たときは思わず心がほとびた。でもしっかり...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

私を憎んでいる、テレーズ?

〜誘惑者キャロル㊿〜

私を憎んでいる、テレーズ?Do you hate me, Therese? 「私を憎んでいる、テレーズ?」キャロルの言葉は相変わらず直球ド真ん中。テレーズは会った瞬間からひたとキャロルに視線を当て、まばたきもしません。「憎むわけ、ないわ」低い声でいう。押し殺した口調。瞳のなかには炎が燃えている。キャロルは尋常でない、テ...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

わたしに会ってくれるのね

〜誘惑者キャロル㊾〜

わたしに会ってくれるのねIt is nice of you to see me. キャロルは離婚の係争の結果が出てから、テレーズに連絡を取っています。けじめをつけています。手紙の日付は4月17日。二人が別れて2か月以上ブランクがある。テレーズを「解き放つ」などと言った手前、テレーズに彼がいようと彼女がいようとキャロルは...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

今夜6時半リッツで、キャロル

〜誘惑者キャロル㊽〜

今夜6時半リッツで、キャロルRitz Tower Hotel 6:30 Carol キャロルの手紙を受け取ったとき、テレーズはどう思ったでしょうね。(ついに、きた)だったと思うのです。怒りまくっていたけど、これきりにはならないことをテレーズは確信していました。キャロルから必ず何か言ってくる。本気で別れるなら、手紙など弁...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

あなたを解き放つ

〜誘惑者キャロル㊼〜

あなたを解き放つI release you. 解き放つだなんて、体のいい、三行半(みくだりはん)じゃない!そうテレーズは思った。離れていってもいいというキャロルの言葉が冷酷にも残酷にも裏切りにも響いた。心配いらない、何が起ころうと一緒にいる、一言そういってくれたら、10年だろうとそれこそ信じて待つのに…短い手紙の中に、...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

あなたが幸せになるなら何でもする

〜誘惑者キャロル㊻〜

信じて。あなたが幸せになるならなんでもする。Believe that I wanted do anything to see you happy,Please. 「何でもって何をしてくれるのよ」とテレーズは言いたい。「あなたは若いから、説明や理由を求めるだろうけど、 今は何を言ってもむなしい。わたしにできる、唯一のこと...

2/21(火)、「ジェンダー・マリアージュ」上映会、開催! 同性婚裁判を迫ったドキュメンタリーから、「結婚の本質」を解く

共に人生を歩み行くために…「LGBT婚」の先を行く「パートナーズ婚」 1月24日、大阪で「新年ブライダルセミナーvol.1 LGBTを知ることで、私たちの本当の未来が見える!~LGBT婚の現状と今後の展望~」が開催され、LGBT当事者13名を含む約60名が参加しました。「関西ブライダルミッション有限会社」で3...
LGBTシネマ365日別冊 1日3分「ゲイ映画のキメ台詞」

それまで連絡を取り合わないこと

〜誘惑者キャロル㊺〜

それまで連絡を取り合わないことBut until then, there  must be no contact between us. どんな時も一緒にいるのがわたしたちだと思っていた、でもキャロルは連絡すらしてはいけないという、こんな冷たい言葉を一方的に言えるなんて、わたしとのことなんか、所詮、その程度だったのよ。...