Diversity Studies

母さん、僕は34歳になった

〜たかが世界の終わり⑭〜

母さん、僕は34歳になった   「34歳になったよ」 「私も同じだけ年をとったのね。長かった?」 「よくわからない」 いつまでヌエみたいな問答を繰り返しているのかイジイジしてきます。 監督もこのへんで切りあげないと、気の短い観客は席を立つとでも 思ったのか、母親にこう言わせる。 「あな...

第27回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~上映作品

■第27回レインボー・リール東京~東京国際レズビアン&ゲイ映画祭~上映作品決定!    今年2018年のレインボー・リール東京は東京ウィメンズプラザホールで7月7日(土)~7月8日(日)、スパイラルホールで7月13日(金)~7月16日(月・祝)に開催されます。  上映プログラムは全部で13プログラム。作...

「SOU!ルーム〜衛澤さんのちょっとええやん」VOL.27

■価値あるものには支払いましょう    入浴時にたびたびボトルを間違えてボディシャンプーではなくシャンプーで身体を洗ってしまう衛澤です御機嫌よう。  さて、みなさん。支払っていますか?  何をかと言いますと「正当な対価」です。近頃は——いえ、近頃に限った話ではなのかもしれませんが、「かたちのないもの」...

108

〜彼らが本気で編むときは、㉖〜

108   「ボンノー」は108つ編みあがりました。 3人は海辺に言って焚き火を燃やし「ボンノー」を供養します。 桜の並木のお弁当のシーンとともに、この映画の美しい一場面です。 トモはママの元に帰ることを自分の意思で決めます。 子供は子供で母親が不憫なのです。 リンコは徹夜で編み上げたも...

あんたのママはたまに間違う!

〜彼らが本気で編むときは、㉕〜

あんたのママはたまに間違う!   カイが自殺を図りました。 好きな男の子に書いたラブレターを母親が見つけ。ズタズタにしてゴミ箱に 捨てているのを見つけたのです。 彼は白い錠剤をテーブルに並べ、お菓子を食べるように口に入れます。 病院でトモの見舞いを受けたカイは、母親が自分のセクシャリティを...

児童相談所です

〜彼らが本気で編むときは、㉔〜

児童相談所です   「トモさんが暮らす環境として、好ましくないという通報がありました」 児童相談所の担当者がぞろぞろやってきました。 「叔父の僕が預かっています」というマキオの説明より、担当者の視線は リンコに注がれる。通報したのはトモの同級生カイの母親でしょう。 「好ましくない環境」とは...

この手は心のきれいな人の手だ

〜彼らが本気で編むときは、㉓〜

この手は心のきれいな人の手だ   リンコが勤める介護施設にはいろんな人がいます。 見舞いに来る人ごとに「わたくし、○○製薬のなになに」と名前を名乗り (大企業の部長か役員かだったのでしょう)、介護士にいつも 引き戻されていく年配の男性がいます。 彼は自分の手をとってくれる人の手を握ると ...

女性部屋に移してください

〜彼らが本気で編むときは、㉒〜

女性部屋に移してください   救急車で運び込まれたリンコは男性の病室だった。 マキオは「彼女は女性です。女性部屋に移してください」 看護師は冷たい。「でも性別は男性ですので」 「女性ですよ。見たらわかるでしょう」 「検査する一泊だけ、待てないのですか」 「空いている部屋は無いんですか」 ...

マキオの子供も産めない

〜彼らが本気で編むときは、㉑〜

マキオの子供も産めない   「どう頑張っても自分の力じゃ、どうにもならないことがある。 マキオの子供も産めない」 リンコが珍しく弱音を吐きます。 そんなリンコにトモが言うのは「きのう、ママを見かけた」 リンコは動揺します。 マキオと、トモと、一緒に暮らした束の間の「家族」が夢のように消え...

ママでもないくせに!

〜彼らが本気で編むときは、⑳〜

ママでもないくせに!   元気のないトモを心配するリンコに 「ママでもないくせに」トモはひどい言葉を投げつける。 子供の残酷さだと言ってしまえばそれまでですが、リンコはぐさっとくる。 所詮、自分がやっていることは家族ごっこなのだ… 荻上監督、私たちを励ましたり勇気づけたり、と思うと やり...